壁 貼り ドラパルト。 【剣盾S1 最高137位/最終183位】壁貼りパルパルキッス

ドラパルト 壁 貼り

ダイマックス時の性能を重視するか、終盤での掃除役に徹底させるか、補助を重視した型にするか、とにかく構築時点でドラパルトの役割を見定めて運用するべき。 挑発:参考元では電磁波推奨だったが、電磁波を打ちたい相手が全員ラム持ちであり、初手で剣の舞や悪巧みを積まれると壁を貼っても裏のドラパルトで十分に積みきれないという状況が多発した。

8
ドラパルト 壁 貼り

後続としては、「 りゅうのまい」や「 ちょうのまい」をはじめとする 積み技から全抜きを狙えるエースが望ましい。 【ドラパルトの特徴4】優秀な特性 ドラパルトは3種類の特性を持ちます。 そこで、スカーフを持つことが多いサザンドラに対して基本的に受け出しが安定し、めいそうで特殊ポケモンを起点にすることもできる ニンフィアと、HPと防御に厚くすることでスカーフを持つことが多いヒヒダルマやドラパルトに対して受け出しから展開することが可能な 厚い脂肪カビゴンを採用しました。

ドラパルト 壁 貼り

3体目は、 こちらのドラパルトと相手のドラパルトやヒヒダルマが対面した場合の引き先 としてカビゴンを選出します。 補完ポケモンの枠には、 初手のドラパルトが何もできずに上から倒されてしまう相手ポケモンに対しての引き先を選びます。 環境に多い戦法を両方無効化できるのも、ドラパルトの強みの1つ。

20
ドラパルト 壁 貼り

げきりん:拘り解除や水無効相手にダイドラグーンとして打つために採用。

ドラパルト 壁 貼り

ひかりのねんど 基本的には 「リフレクター」と「ひかりのかべ」の効果を出来るだけ長く維持するためにこれを採用。

8
ドラパルト 壁 貼り

呪われボディは運勝ちを呼び込むこともあれば、起点にする予定の拘り技を封じてしまい交換されて不利展開になったこともあるので良し悪しありました。

10
ドラパルト 壁 貼り

以上のように、ドラパルトは優秀な種族値、優秀な特性、広い技範囲を兼ね備えている故、相手にすると何をしてくるか読めないポケモン筆頭です。

6
ドラパルト 壁 貼り

また、 ゴースト半減のポケモンが環境に少ない点も優秀。 あると便利だが技スペースが厳しい。