お盆 お布施 書き方。 知っておきたいお布施のマナー

お布施 書き方 お盆

壱(一)・弐(二)・参(三)・伍(五)・陸(六)・漆(七)・捌(八)・拾(十)・仟(千)・萬(万)のような漢数字の旧字体はよく使用するため、覚えておきましょう。 またもし普段お世話になっているお寺の住職と親しいならば、直接聞いてしまうのも一つの手かもしれません。 お盆の法要は不幸の場ではないため、奉書紙で包む際は不祝儀の折り方にならないように注意しましょう。

15
お布施 書き方 お盆

目安として 「3万円~5万円」が一般的です。 あくまでも謝礼の気持ちを形にしたものであり、 僧侶の労働対価としてお金を支払うわけではないことを押さえておくことが大切です。

お布施 書き方 お盆

その正しい書き方でないお布施をお渡しすると失礼に当たる場合もありますので注意が必要です。 お盆のお布施には水引をかけるのかどうか、あらかじめ親族の方に確認しておきましょう。

お布施 書き方 お盆

なお、表書きは薄墨ではなく、普通の黒墨で書きます。

18
お布施 書き方 お盆

なお、省略する場合は、住所などは書かずに金額のみでもオッケーです。 その時、「お布施」は お坊さんからから見て正面になるように乗せます。 謝礼の気持ちをしっかりと伝えたい場合には、奉書紙で包むのがおすすめです。

13
お布施 書き方 お盆

表面の書き方 まずはお盆のお布施の 表書きの書き方です。 奉書紙は日本古来の白い和紙で、清らかなものを包むという意味合いを持っています。

6
お布施 書き方 お盆

目安は卒塔婆1本につき3千円。

7
お布施 書き方 お盆

もともと通夜や葬式などで新札が良くないとされているのは、まるであらかじめ亡くなるのを予期して準備しているように思われてしまうからと言われています。

5
お布施 書き方 お盆

html 裏書の書き方 裏面の真ん中に金額、左側に住所、氏名を記載しましょう。 宗派や地方などによっても異なりますが、お布施の相場についてご紹介します。

15