納骨 服装。 納骨式の服装はどうすればいいの?時期や状況に合わせた正しい服装について |知っておきたい家族葬|株式会社家族葬

服装 納骨

なぜなら、四十九日までは 中陰と呼ばれ、故人の転生先を決めるための期間となるため遺骨は埋めず、お祈りするのが基本だからです。 略式礼服の場合、男性であれば、黒いスーツに黒いネクタイが基本とされています。 平服を辞書でひくと「普段着ている服、日常の衣装」とのっていますが、Tシャツやジーパンといった普段着は、冠婚葬祭や就職活動での平服とは言えません。

12
服装 納骨

男性は気にしないという人もいますが、乱れないようにワックスを使うことが勧められます。 ですが、ネクタイが黒だと強すぎると感じる場合は、 地味な色の無地や柄物でも目立たない小さな柄物なら許容範囲です。 ここでは、簡単にそのご説明をいたしますので、「永代供養の法要とかよくわからない!」と思わずに、もう少しお付き合いください。

1
服装 納骨

四十九日法要は、葬儀や通夜が終わった後に最初に行われる法要であり、しっかりとした礼儀を守らなければならないものであるため、それに続いて行われる納骨式も同じ服装で臨むこととなります。 冬場のコートは読経・納骨の際は脱ぐ 冬場は寒く、防寒具がないと体調を崩す原因となりかねないため、黒やグレーなどの暗めの色のコートであれば着用はOKです。 一般のお墓ですと、ごご遺族がそのお墓を管理するのが普通ですが、少子高齢化の現代社会では、そのお墓を管理する子供がいない、ということが現実的に多くあります。

4
服装 納骨

しかし、やはり最初の お参りの際は、普段着に近い黒めの服装をお勧めします。

15
服装 納骨

服装については、「地味」というキーワードにこだわればうまくいくでしょう。 納骨式の服装の注意点3. また、冬の寒い時期に納骨式に参列する際は、スーツやワンピースだけでは厳しいと思いますので、黒やグレーなどの落ち着いた色味のコートを用意しておくとよいでしょう。 「全員平服で行きましょう」と一言述べておくだけでも家族の皆は服装に悩まずに済みます。

1
服装 納骨

そのため、通夜や葬儀で着た喪服を着用して納骨式に参列します。 四十九日まで故人は霊であり、それが過ぎると仏になります。 ただ、喪主側が香典を束ねる袋などを持ってきていないことがあります。

10
服装 納骨

ただし、地域や家族によっては平服のことを略式礼服としてとらえていることもあるため注意が必要です。 このような事態を避けるためにも、相手や地域別の平服の条件をチェックしておきましょう。 ただし、宗派やしきたりなどによっては、「一周忌までの納骨式は喪服で参列すること」という決まりがあることもあります。

8