ブラック ペアン 4 話。 ブラックペアン│4話のネタバレ考察と感想。渡海が佐伯の赤っ恥を笑う

4 話 ペアン ブラック

そのため、スナイプ手術は不可能。

4 話 ペアン ブラック

30回行ったシミュレーションは30回とも失敗。 【チーム・バチスタの田口公平】 『チーム・バチスタの栄光』の主人公・田口公平(伊藤淳史)は、バチスタ事件の真相解明を院長の高階(ブラックペアンの小泉孝太郎)から依頼され、厚労省の役人・白鳥(中村トオル)とタッグを組み事件を解決した。 129• あんたにはいずれ、金じゃないものを払ってもらう』と意味深なことを言う。

10
4 話 ペアン ブラック

第9話は20分拡大(21:00 - 22:14)。

4 話 ペアン ブラック

』 オペ禁中の渡海に執刀させるため、高階は佐伯教授に現場復帰を頼み込む。 高階は、小春ちゃんの頭を優しく撫でながら、シュミレーションで失敗していたことを思い出し、手が震える。

12
4 話 ペアン ブラック

実は楠木の妻は肝臓ガンを抱えていて、現在帝華大学病院で化学治療中。 渡海の担当患者の緊急手術を行うが、スナイプが使えない。 隼人の病室に戻ってきた渡海は後を引き継ぎ、今度は楠木のオペをスナイプで行うよう、高階に命令。

4 話 ペアン ブラック

看護婦 [ ] 物語の舞台である当時、看護師は正式名称ではなかったので、看護婦のまま掲載されている。 この道具を用いた手術ではリーク(縫合不全)・ゼロに抑えられるという実績があるが、佐伯はオモチャとよんでいる。 『このペアンは本当に置き忘れだったのか…?』 当たり前だ、と言う渡海。

8