青木 まりこ。 M e s s a g e

まりこ 青木

『本の雑誌』の取材班はこのような便意による所見として、下腹部の切迫感、全身の戦慄、顔面蒼白、冷汗(脂汗)、ガニマタ状歩行を挙げている。 整形外科医・作家のは、ハムスターなどの小動物が恐怖や緊張を感じたときに糞をする現象に触れ 、本屋における「ドキドキ・わくわくとした感情」が便通をうながす現象との類似点を説明している。 ただ、すべての書便派がトイレ内で読書する習慣があるわけでないので、一元的な説明にはならないという反論もある。

まりこ 青木

しかしストレス(のみ)が悪影響を及ぼすというのは、現在の科学においてそれが合理的に証明されているわけではなく、物事の結果に対して説明を与えた気になっているに過ぎないと笠原は考えている。 浅田によると、この対処法は書便派の間で多くとられる手段らしく、書店でコビキを行っている者は少なからず目撃できるという。 この現象に関する連載は2007年にはおおむね完成し 、2010年に『』(すぴか書房)として上梓された。

18
まりこ 青木

「我々は誠実に物作りしているだけなのに」 と嘆息し、製造休止に理解を求めた。 書店で立ち読みする際は伏し目がちになるため、以上のような機序がはたらけば、便通が促される一因となる可能性もあると松尾は認めている。

2
まりこ 青木

哲学者のは、配達したての新聞紙と購入直後の書籍を用意し、それぞれを自分の顔に覆って10分間深呼吸をするという実験を2006年に試みたことがある。 なんのメリットもありませんが…。

まりこ 青木

この判決を不服とした新潮社は上告を申し立てたが、最高裁判所は2005年8月24日にこの上告を受理しない決定をした。 仮に青木まりこ現象の本質がマーフィーの法則であるとすれば、書店で便意が起こる可能性は、書店以外の場所における可能性と有意差は存在せず、書店と便意との間に何ら因果関係は認められないということになる。

11
まりこ 青木

押さえておけば、話の種になるかもしれない。 1、本のインクに含まれる化学物質 本のインクのにおいに含まれている化学物質が、脳になんらかの作用をはたらかせ、便意をもよおしたくなるという説。

まりこ 青木

病態と考察 [ ] この現象のメカニズムについて、これまで多くの識者が検討を重ねてきたが 、一致した見解はいまだ得られていない。

5
まりこ 青木

あ~神様。 注視探索作業 [ ] 一説によると垂直方向の眼球運動は便意を誘発するらしい。